2006年10月11日

出会い系アフィリエイトについてマジメに考えてみる。

まぐまぐの承認をとって以来、すっかりご無沙汰してしまいました。
せっかくのメルマガもまだ配信できていません・・・
ご登録いただいた方、もうしばらくお待ちください。

そんなわけで、相変わらず仮眠1時間で連続運転中の拓海です。

実はブログもメルマガも更新してなかったこの1週間、
先日某オフ会で知り合ったDAIさんのサポートで
出会い系アフィリエイトサイトの制作をしていました。

出会いの無い出会い系サイトの歩き方

アフィリエイトを本格的にされている方の中からは、
「出会い系」「恋愛系」のアフィリエイトや商材は成功しない、
といったご意見をよく頂きます。
あと、ジャンル的に敬遠されがちなのも事実ですね。
拓海もDAIさんから最初に相談された時は、
「出会い系は厳しいですよ〜」
とアドバイスしました。

それでもDAIさんは
「自分が好きなことになら、時間をつぎ込んで失敗しても本望!」
自分がよく知らないものを売って月何百万も稼ぐより、
出会い系で月数万円でもいいから稼げるようになりたい。
ということで、まぁそれくらいなら可能だろう、とサポートを決めました。

しかし実際にいろいろ調べていくうちに、
ちょっとこれまでの考え方が間違っていたことに気付かされました。

そもそも、出会い系のアフィリエイトが儲からないというのが、
別に自分で実践したり調べたりした結論ではなかったのですね。
みんながそう言ってるから、そうなんだろうと。
イメージ的なこともあるし、儲からないならわざわざやらなくて良いか。
そういう考え方だったと思います。

そもそも何故、出会い系アフィリエイトは儲からないと言われるのか。

・実際に成功している人がいない(見かけない)。
・客層が絞られる。
・商材を売ろうにも、出会い系を探す人は商材目的でくるわけではないので、売りにくい。
・イメージ的にやりにくい。

まぁ、他にもいろいろあると思いますが、
よく耳にするのはこれくらいですかね。

つまり、先行者の少ない客層のハッキリしている市場があるわけです。
それを「イメージ的にやりにくい」という理由で手をつけていないわけです。
それならDAIさんのように熱意を持って参入すれば、
他の市場に負けない利益を出すのではないか。
そう気付きました。
(儲かる系情報商材アフィリエイトの市場についてはかなり特殊な市場なので、これには勝てないかな^^; ちょっと今回の件でいろいろ気付いたこともあるので、その辺はまた別の機会に書きます)

さて、問題になってくるのは3番目の「商材を売ろうにも、出会い系を探す人は商材目的でくるわけではないので、売りにくい」ということですね。
しかし、出会い系ポータルサイトに来る人というのは、
出会い系に対して何かしらの興味を持っていることに間違いありませんよね。
確かに儲かる系の情報商材ほどの爆発は難しいでしょうが、
フォローと誘導さえうまくできれば売れるんじゃないでしょうか?
もともと動機はあるという時点で、結構有利だと思います。

今回のDAIさんのサポートに関しては、
その辺を意識してやろうかなって思っています。
(DAIさん本人にも「実験的に」と伝えてあります)

出会いの無い出会い系サイトの歩き方

サイトに集める人に対してのフォローと誘導。
これがうまく構築できればアフィリエイトに新しい仕組みが作れそうですね。
posted by 拓海 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 拓海の企み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。